2018 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 07

カテゴリ:よもやまニュース の記事リスト(エントリー順)

ASKA、嫌疑不十分で不起訴

kage

2016/12/23 (Fri)

 ブログ管理人のボックス星人です。

 11月28日に覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されたASKAが、嫌疑不十分で不起訴処分となり12月19日、勾留されていた東京湾岸署から釈放されました。

 それにしてもこれ程不思議な事件もありませんね。懲役3年、執行猶予4年の判決を受け、執行猶予中の身だったASKAにとって、今回の逮捕が実刑につながるとみる報道が多かったし、芸能人からもあきれるコメントが目立ちました。

 それが一転、嫌疑不十分で不起訴処分の釈放ということですから驚きましたね。警視庁によると、ASKAは逮捕後、採尿カップの液体について「あらかじめ用意したお茶を採尿カップに入れた」と供述。警視庁は「覚醒剤成分が検出されたことは間違いないが、この供述を否定できず、ASKAの尿と立証することはできなかった」などと説明している。

 今回の件はあまりにも不可解な点が多い。まず、お茶から覚醒剤成分が検出されることがあるのかということだが、関係者は「お茶から覚醒剤成分が出ることはまずない」と断言しており、鑑定した液体がASKAの尿ではなく、誰か別人と取り違えたのかということも 可能性は低いといわれている。

 結果的には、採尿の際に確認が不十分であり、不手際があったからこういう事態になったということになりますね。これは、警察の大失態であり、背景には「起訴できるだけの証拠が得られなかった」可能性があると推測できますね。

 しかし、メンツ丸潰れの警視庁がこのまま黙っているわけがありませんよね。今後、ASKAを徹底的にマークしていくでしょうし、不起訴で一件落着とまではいかないかもしれませんね。




都議会与党の自民党と公明党が分裂

kage

2016/12/15 (Thu)

 ブログ管理人のボックス星人です。

 都議会公明党の東村邦浩幹事長は14日、議院運営委員会理事会で、議員報酬の削減案を巡って自民党と意見が対立したとして、都議会での自民との連立関係を解消すると表明しました。

 小池百合子知事が誕生してから、東京都政がマスコミに取り上げられることが多くなり、国政よりも注目されるような状況ですが、都議会自民党と対立している小池知事にとっては援軍となりそうですね。

 報酬削減に消極的な都議会自民党に対し、都議会公明党は議員報酬を2割削減するなど独自の議会改革案について、都議会での議論が進まないことは問題だとして次の都議会に条例案を提出することを決め、都議会自民党に三行半を突き付けたようですね。

 それにしても国政における圧倒的な存在感の安倍自民党に対し、都議会自民党の時代錯誤ぶりが目立ちますね。知事選時に出した人権無視の「親族まで含めた非推薦の候補を応援した場合」の除名等の処分や東京都議会の代表質問における質問を事前通告せず小池イジメと受け取られたやりかた等です。

 都議会公明党が自民党との連立を解消した事や「東京大改革」に賛同している事について、小池知事は「都民ファーストを貫くのが役割だと考えているならば、いい方向だと思う」と歓迎の意を示しており、来年夏の東京都議選を前に小池知事が描いていた筋書きの通りに都議会が動いているように見えますね。

 国政の自公連立とはねじれる形となり、衆院選東京選挙区の選挙協力に影響する可能性もあることから小池知事の言動にますます目が離せませんね。




急成長するネット通販の裏で悲鳴を上げる宅配ドライバー

kage

2016/12/08 (Thu)

 ブログ管理人のボックス星人です。

 アマゾンジャパンは5日、アマゾンの有料会員「プライム会員」を対象に食品や日用品を注文できる小型端末「アマゾンダッシュボタン」を販売しました。冷蔵庫や戸棚に設置し、飲料や洗剤が切れた時にボタンを押すだけで注文できるという。

 私も「プライム会員」ですが、Amazonプライムは3,900円の年会費で、お急ぎ便やお届け日時指定便を追加料金なしで無制限に使えるほか、さまざまな特典(プライム・ビデオ、Prime Music等)を受けられる会員制プログラムで、更なる新サービスによりますます便利になりそうですね。

 しかし、便利なサービスを次々に加えながら、急成長するネット通販ですが、消費者の目の届かぬ所で、それを支えるトラック物流が疲弊している現実を知らなければなりません。トラック運送業界では、過酷な荷の積み下ろしや長時間労働の常態化などドライバーへの負担が増え、他産業に比べて賃金が安いことから若い人に敬遠されて深刻な人手不足に陥っていると言われている。

 また、ネット通販市場を支える宅配便も裏側ではひずみも生まれている。13年の佐川・アマゾンの決裂により、佐川がアマゾンとの取引から撤退し、ヤマト運輸がアマゾンの業務を引き受けたことにより、ヤマト運輸の物量は一段と増えたという。

 ヤマトのドライバーは多い時は月に90時間から100時間ぐらいのサービス残業をするそうで、抑うつ状態になるドライバーもいるという。「送料無料」は商品価格のどこかに転嫁される。そして通販業者はそのコストを下げようと、物流業者と激しく交渉する。「便利」という消費者の要望が、見えない所で物流網に負荷をかけていることを思い知らなくてはなりませんね。



 


コロンビア強盗殺害の一橋大生

kage

2016/11/23 (Wed)

 ブログ管理人のボックス星人です。

 11月19日にコロンビアの中部にある都市、メデジンで日本人男性が殺害される事件が発生しました。地元の警察が公表した被害者の男性は、千葉県船橋市の一橋大学の学生であることがわかりました。

 この一橋大生は今年4月から大学を休学中で、バックパッカーとして世界一周旅行中だったそうです。バックパッカーとは低予算で国外を個人旅行する旅行者のことを指して使われてきた言葉で、 バックパック(リュックサック)を背負って移動する者が多いことから、この名があります。

 このニュースを聞いてまず頭に浮かんだのは、なぜコロンビアのような危険な国を選んだのかということです。外務省の海外渡航安全基準でいうとコロンビア全体の約1/3は『レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)』の危険度。メデジンは『レベル1:十分注意してください』の危険度だそうです。インターネットなどではメデジンの夜景は驚くほど綺麗で、最近では治安が改善されているということです。

 それでも危険な国というイメージは払しょくできず、フィリピンやバングラデシュといった東南アジアを皮切りにアフリカやヨーロッパ、中米を中心に26か国を回っていた一橋大生にとっては、気のゆるみがあったのかもしれませんね。

 地元メディアが伝えた情報によると、一橋大生は路上で男に携帯電話とタブレット端末を奪われ、逃走した男に追いついたところ、突然、仲間が現れて銃で撃たれ、即死したとみられるとのことです。

 外務省のホームページによれば、もし万が一強盗にあった時の対処法として、「絶対に抵抗せず、犯人を逆上させないことを第一に心掛け、犯人の要求に従ってください」とあります。それはわかりますが、まずは危険な国には行かないことが肝要ですね。






「ドクターX」視聴率20%超え連発

kage

2016/11/19 (Sat)

 ブログ管理人のボックス星人です。

 女優の米倉涼子が主演を務めるテレビ朝日の人気ドラマ「ドクターX」の第6話が17日に放送され、平均視聴率は21・5%だったことが分かった。

 初回20・4%、第2話は19・7%と微減したものの、第3話は今シリーズ最高となる24・3%をマーク。第4話21・3%、第5話20・4%と大台をキープ。第6話は今シリーズ2位の数字を記録。4週連続、5回目の大台突破となった。

 「13~15%でヒット」と言われる現在のテレビドラマ界において驚異的な数字を連発し、異次元のハイレベルな水準で独走している。

 「ドクターX」は、「絶対に失敗しない」フリーランス外科医・大門未知子が、派遣先の大学病院の覇権争いに巻き込まれつつ、見事な手術で次々に患者を救っていくという痛快なストーリー。

 魅力は何と言っても毎回飛び出す「私、失敗しないので」「いたしません」「御意」といった「名台詞」ともちろん主演の米倉涼子の美貌とかっこよさがあるが、脇を固める西田敏行、遠藤憲一、吉田鋼太郎などのベテラン俳優がドラマを飽きさせない。

 米倉涼子もプロデューサーにマンネリ化を防ぐため、ベテラン俳優を起用するよう注文を付けているそうだが、西田敏行らのユーモアのある演技がたまらないですね。

 権威に逆らうヒロイン未知子の困難な手術と向き合う姿と場面場面に応じたバックミュージックの響きがマッチしており、テンポの良さが視聴者を引き込んでゆく。自信満々に手術に取り組む姿勢と私生活とのギャップも魅力だ。

 安定して20%前後の数字を取れる「ドクターX」は、まさにテレ朝の「ドル箱」だ。「相棒」のような何年も続くシリーズになるのかわからないが、是非シリーズ化して、今後もわれわれを楽しませてほしいですね。