2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

カテゴリ:健康マニアの独り言 の記事リスト(エントリー順)

「LH比」が重要なコレステロール

kage

2017/09/15 (Fri)

 こんにちは、健康マニアのケンです。

 今回はコレステロールについてお話しします。

 

 9月後半に私の勤務先では毎年「定期健康診断」が行われます。おおむね1ヶ月ほどで健康診断の結果報告書が各個人に配付されるのですが、検査項目の中の「LDLコレステロール」がいわゆる「悪玉コレステロール」と言われる数値になります。

 もうひとつの項目として「HDLコレステロール」がありますが、これが「善玉コレステロール」と呼ばれています。

 「コレステロール」とは、体内の細胞の膜を構成している成分です。生きていくために必要なもので、血管中に「LDLコレステロール」、「HDLコレステロール」が存在しており、「LDLコレステロール」が血管中に油分を運び入れる働き、「HDLコレステロール」が血管中から油分を運び出す働きをしています。

 このうち「LDLコレステロール」が血管中に溜まり過ぎると「動脈硬化」という、心筋梗塞などの原因となる状態を引き起こすと言われています。

 健康診断では、「LDLコレステロール」が120mg/dL~139mg/dLが「境界域高LDLコレステロール血症」、140㎎/dl以上が「高LDLコレステロール血症」と言われています。

 「HDLコレステロール」は40mg/dL~99mg/dL以内であれば正常と言われています。

 コレステロールに関しては「悪玉コレステロール」にばかり目が行きがちですが、最近は脂質異常症の診断で「LH比」が重視されています。



 「LH比」とは、「LDLコレステロール値÷HDLコレステロール値」で示される比率のことです。

 例えば、「LDLコレステロール」値が135mg/dlで、「HDLコレステロール」値が45mg/dlとすると、「135÷45=3」で、LH比は3.0となります。

 上表の「血管内の状態」に当てはめると「血栓ができている可能性あり。心筋梗塞のリスクも!」に該当し、実は動脈硬化が進んだ「かなり危険」な状態なのです。

 例で示したLDLとHDLの数値(135mg/dl、45mg/dl)は、個別にみると、どちらも現在の基準ではほぼ「正常」の範囲です。

 各地の病院における調査報告から、LDLコレステロール値が正常(140mg/dl未満)なのに、心筋梗塞を起こしたという例が非常に多いことが分かってきていますし、過去にはテレビの番組内でも取り上げられています。

 それらのことから、LDLとHDLは別々に考えるのでなく、両方のバランスが重要とされ、「LH比」はその目安として注目されるようになっています。

 では「LH比」は、どの程度ならいいのでしょうか。

 個別の目安として、「ほかに病気がない場合には2.0以下に」、また「高血圧や糖尿病がある場合、あるいは心筋梗塞などの前歴がある場合には1.5以下に」することが望ましいと言われています。

 「LH比(LDL値÷HDL値)」は簡単に計算できるので、コレステロールを見直すきっかけにしたいものですね。

 ところで私の昨年の数値なのですが、「LDLコレステロール」が119mg/dL、「HDLコレステロール」が63mg/dLとなっており、おかげさまで個別に見ても正常範囲、「LH比」も1.89で正常範囲です。

 ここ数年の数値も若干の上下はありますが、正常範囲で推移しています。

 なぜ数値がいいのか、考えられるのが数年前から「DHA」のサプリメントを夕食後に飲んでいるからではないかと思っております。

 「DHA」はコレステロールとかは意識せず、脳の活性化に効果的ということで飲み始めたのですが、結果的にコレステロールにもいい影響を与えたのではないかと思っております。

 過去には途中で飲むのを辞めたことがあったのですが、飲むのを辞めてから何となく疲れやすくなり、再び飲むようになりました。

 やはり飲み続けていると疲れにくくなり、体の調子はいいですね。

 ネットで見ていると、「DHA」はコレステロールに対する人気サプリというのが定番になっていますね。

 今回はネットで評判のいい「DHA」サプリを紹介します。









「健康マニア・ケンのHOMEはここ」




ヘモグロビンA1cを下げたい

kage

2017/08/31 (Thu)

 こんにちは、健康マニアのケンです。

 今回は血糖値と同じく、糖尿病の指標の1つであるヘモグロビンA1cについてお話しします。

 ライフスタイルの変化と共に糖尿病患者は316万人以上に増えていると言われていますが、我々としては是非とも避けたい病気の一つですね。

 お勤めの方は毎年秋ごろに定期健康診断というものがあると思いますが、健康診断結果報告書の検査項目の中に「ヘモグロビンA1C(HbA1c)」という欄があります。

s_646359.jpg


 ヘモグロビンA1c(HbA1c)の値は糖尿病の診断や治療において血糖状態を評価する指標として利用されています。

 さて、ヘモグロビンA1cとはどういうものなのでしょうか。

 ヘモグロビンとは、血の赤い色素を指し、赤血球に含まれるタンパク質のことで、酸素とくっついて体中に酸素を届ける働きをするため、非常に重要な存在です。そのヘモグロビンに血糖(グルコース)がくっついたものが、ヘモグロビンA1cです。

 血糖値と大きく違うところは、直前の食事の時間や量・内容に左右されないということです。血液検査をすると、その日から1~2ヶ月前の血糖の状態を推定できることになるため、血糖値よりも正確な数値がはかれます。

 ヘモグロビンA1C(HbA1c)の基準値は現在、下表のようになっています。数値が高くなると、糖尿病のリスクが高くなっていきます。

ヘモグロビンA1c

 私自身のここ数年の数値で見ますと、5.9~6.1で推移しています。上表の数値と照らし合わせれば何とか「優」の範囲に入っていますが、やはり常に6.0未満、欲を言えば5.5に近づきたいですね。

 ところで、ヘモグロビンA1cが高くなりやすいのはどんな人なのでしょうか。

 まず、甘いものや炭水化物をよく食べる人です。甘いものや炭水化物は、血糖値が上がりやすい食事の代表です。炭水化物は体にとって必要なエネルギー源ですが、食べ過ぎは禁物です。

 次に、お酒をよく飲む人です。お酒は繊維を含まないため、糖がすぐに吸収され、その結果、飲みすぎると高血糖状態になってしまいます。

 3つ目としては、運動しない人です。運動をしないと体の筋肉量が減り、基礎代謝が下がってしまいます。基礎代謝とはエネルギーの消費量です。基礎代謝が下がれば、食事で取ったエネルギーは、筋肉で消費しきれずにどんどん余ってしまい、高血糖の原因になります。

 それでは、ヘモグロビンA1cの値が高かった場合、どのように改善したらいいのでしょうか。

 結論としては、上記(ヘモグロビンA1cが高くなりやすい人)の逆を実行すればいいのです。ただ、食事管理や運動などを完璧にこなすのはなかなか難しいですね。

 私のように、ヘモグロビンA1cの値は危険な数値ではないが、少し意識をした方が良いとお考えの方も多いと思います。

 そのような方にとって、糖尿病の薬は絶対飲みたくないし、食事管理や運動などを完璧にこなす自信もないが、何とかヘモグロビンA1cを現状維持又は下げたいと都合のいい事を考えている方もいると思います。

 そこで、適度に運動や食事管理を取り入れながら、効果的な原料を含むサプリメントを摂取するのがおすすめとなります。

 サプリメントに関しては、私もいろいろ試してみました。しかし、ネットで評判が良くても、一人一人の体質等によって、効果が出る人、出ない人と結果が違ってきます。

 私もいろいろと試行錯誤した結果、ここ1年以上継続しているのがネットでも評判のいい「白井田七」です。





◆「白井田七」とは◆

・漢方系だからご家族で使用できるサプリメントです!

・満足度94%!血糖値が気になる方におすすめ。有機JAS認証の田七人参を98%使用!決着剤としての有機玄米を2%使用。無添加・無着色のオーガニック(有機栽培)サプリ。

・血液サラサラ成分のサポニンは糖の代謝に関与して、健康の維持に役立つ栄養素です。高麗人参の約7倍入っています!

・ビタミン・ミネラル・アミノ酸などが豊富に含まれています。

・15日間全額返金制度実施中!

 皆さんも是非、お試し下さい。それではまたお会いしましょう。

「健康マニア・ケンのHOMEはここ」