FC2ブログ
2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

17年天皇賞(春)の有力馬

kage

2017/04/30 (Sun)

 ブログ管理人のボックス星人です。

 今日の京都メインのG1・天皇賞(春)の有力馬についてコメントします。

 まずは、昨年菊花賞・有馬記念を勝ち、目下4連勝のサトノダイヤモンド。凱旋門賞を視野に入れ、有馬記念の後は放牧先で順調に過ごし、今年初戦の阪神大賞典を快勝。調教も抜群で、背腰に芯が入って確実に成長している。古馬との斤量差がなくなり、200mの距離延長がどうかだが、持久力・瞬発力・底力で結果を出す。

 次は、GI昇級となった大阪杯を快勝したキタサンブラック。前走は着差以上の強さで後続を完封し、底力を再確認させた。今週の動きに派手さはないが、先週に負荷をかけて馬体はできている。京都は3戦3勝と相性は良く、折り合いに不安がなく、鞍上の意のままに自在に動ける。今回も絶好枠を引き、サトノとの斤量差もなくなり、有馬記念2着の雪辱を果たす。

 3番手は前走日経賞1着のシャケトラ。前走は初の関東遠征でも動じることなく、圧倒的に不利な外枠から差し切った勝ちっぷりが優秀。レース運びに注文がつかず、折り合いにも心配がないので距離はこなせる。中間はすこぶる順調に調整できており伸びしろもある。トータル的にまだ底を見せておらず、大金星もありうる。