FC2ブログ
2018 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 09

東芝、相次ぐ優良事業の切り売りで解体の危機

kage

2017/02/16 (Thu)

 ブログ管理人のボックス星人です。

 東芝は14日、2016年4~12月期決算の見通しで、米原発事業を巡る7125億円の損失を計上することを発表し、実質的な債務超過となった。

 半導体事業を分社化して、株式の半数超の売却を検討することなどで債務超過の解消を目指すらしいが、相次ぐ優良事業の切り売りで東芝は事実上の解体の危機に直面している。

 2015年度に発覚した不正会計問題の際には、医療機器子会社と白物家電子会社を売却し、東芝は債務超過を免れた。

 不正会計の問題から続けて、これで3期連続の最終赤字決算になることも確定的になり、このままでいくと東証は、東芝を上場廃止にするかどうかの判断を迫られることになる。

 かつて重電業界の雄として、幅広い電機分野にビジネスを広げてきた東芝を待つのはジリ貧の未来しかない。

 それにしてもなぜ、こんなことになってしまったのか。それはあのシャープと同じで、東芝経営陣の経営力不足であることは間違いありません。東芝の社員が本当に気の毒でなりません。

 つまずきは、2006年に決まった米国の原発メーカー、ウェスチングハウス(WH)の巨額買収だったといわれています。

 買収価格は6000億円を超え、三菱重工業に決まりかけていた案件を横取りし、そのために破格の金額を投じたらしい。2000億円が相場と言われた3倍の買収価格です。

 原発というリスクの高い事業に社運をかけた経営判断だったのですが、今となっては完全な失敗でしたね。

 確かに、買収後のリーマン・ショックと東京電力福島第一原発の事故という不運があったのは事実ですが、破格の買収額が重荷になり、抱え込んだ含み損を隠すため、全社ぐるみの「粉飾決算」を指示した経営トップの責任は免れません。

 さあ、名門「東芝」は今後どうなるのでしょうか。目が離せませんね。