2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

17年宝塚記念の有力馬

kage

2017/06/25 (Sun)

 ブログ管理人のボックス星人です。

 今日の阪神メインのG1・宝塚記念の有力馬についてコメントします。

 まずは、天皇賞(春)1着でG1・2連勝中のキタサンブラック。前走は長丁場では究極ともいえるハイラップを、4角先頭の力業で追撃を完封してレコードで快勝。今年の2戦は文句なしの内容で、名実ともに現役最強馬の評価が出来る。前走後はしっかりと疲れをとって、順調に仕上がっている。今回は同型が不在で展開も絶好で、不動の中心となる。

 次は、天皇賞(春)7着のゴールドアクター。前走は調整が裏目に出てしまい、スタートで後手を引いて力を出し切れなかった。今回の調整過程はこれまでとは違い、在窮して入念に乗り込み、課題の修正に着手した。近走では1番と言っていい状態に仕上がった。阪神の2200mは合っており、鞍上の横山典も2度目で、一転の先行策をとれば面白い。

 3番手は天皇賞(春)9着のシャケトラ。前走はハイラップの中、折り合いを欠いてしまい勝負にならなかった。今週の追い切りはさらっとだったが、いい動きで仕上がりに不安はない。今回は3戦3勝の阪神で、距離短縮も条件は合う。馬場悪化も歓迎のくちで、鞍上は乗れているルメールとくれば確実に巻き返すとみる。






17年安田記念の有力馬

kage

2017/06/04 (Sun)

 ブログ管理人のボックス星人です。

 今日の東京メインのG1・安田記念の有力馬についてコメントします。

 まずは、マイラーズC1着のイスラボニータ。前哨戦は早めに入厩してじっくりと調整したのが効いて2年7ヶ月ぶりに勝利し、心身ともに完全復活を遂げた。先週までしっかりと負荷をかけた調教をしてきたので今週はサラッと流す程度だが、力を抜いて走れるようになっておりいい状態で臨める。4週連続G1制覇がかかる絶好調の鞍上ルメールにより勝つチャンスは十分ある。

 次は、大阪杯2着のステファノス。前走は終始、キタサンブラックをマークしながら運んで0秒1差の2着となり、勝ち切れなかったが能力自体は間違いなくG1級。今回はマイルに対応できるようスピードとスタミナを意識して馬をつくってきた。マイルでの勝利実績もあり、東京の長い直線、広いコースは合う。念願のG1を奪取する。

 3番手は大阪杯5着のアンビシャス。前走はしまいを生かす形でラストは伸びたが、流れが向かなかった。調教はしまいの時計がかかったが、乗り込みも豊富で仕上がりは悪くない。マイルは久々だが、新馬戦と2走目で勝っている。マイルに替わって折り合いがつきやすくなり、持ち味のキレを存分に発揮できる。横山典の手綱で差し切りを狙う。







ハローワークにおける受給手続きのながれ

kage

2017/06/01 (Thu)

 こんにちは、お助けマンのヒロシです。

 今回はハローワークにおける受給手続きのながれについて解説します。

 皆さんが実際に退職した場合、前回で説明した必要書類を持ってなるべく早くお近くのハローワークに行って失業給付の手続きをして下さい。

 前回でも説明しましたが、ハローワークについては、以前は必ず住所地を管轄するハローワークに行かなければならなかったのですが、現在は都府県内に住所があればどこのハローワークでも手続きできるようになりました。

 ハローワークに到着しましたら、まず「総合受付」に行って下さい。「総合受付」で「失業給付の手続きをしたい」旨を伝えると、受付の職員から「求職申込書」と「雇用保険受給資格にかかる申告書」が渡されますので、書記台で記入して下さい。

 記入が終わったら書類一式が入ったファイルが渡されますので、「雇用保険給付課の審査係」に行って受付箱にファイルを入れて順番を待って下さい。ハローワークによっては発券機でサービス券を受け取る方式もあります。

 順番が来たら、持参してきた必要書類と記入済の書類(求職申込書、雇用保険受給資格にかかる申告書)を全て提出。職員の方にチェックを受けます。「離職理由」について最終確認され、異議がなければ「離職票ー2」に「同上」の記入と署名をします。

 この手続き開始の日を「受給資格決定日」といいます。「離職理由」と雇用保険の加入期間により、基本手当の「所定給付日数」が決まります。「所定給付日数」についてはここを参照して下さい。⇒ 「基本手当の所定給付日数」

 また、「離職理由」により支給の開始が違ってきます。解雇・定年・契約期間満了等で離職した方は7日間の「待期期間」が経過した後支給が始まりますが、自己都合・懲戒解雇等で離職した方は7日間の「待期期間」+3ヶ月の給付制限が経過した後の支給開始となります。

 なお、自己都合退職でも「正当な理由のある自己都合退職」と「正当な理由のない自己都合退職」に分類され、専門用語でいうと「特定受給資格者」や「特定理由離職者」に判定され、3ヶ月の給付制限が解除される場合もあります。

 受給資格決定時に、「離職理由(自己都合退職)」に異議のある方は窓口で「申し立て」を行って下さい。内容によっては3ヶ月の給付制限がかからない判定がされる場合があります。しかし、かなり時間を要することだけは覚悟して下さい。

 受給資格の決定手続きの最後に「受給資格者のしおり」が渡されます。「しおり」には「雇用保険説明会」の日時(おおむね2週間後)と「初回認定日(4週間後)」が表示されていますので、就職が決まっていなければ必ず出席して下さい。

 受給資格の決定手続きが終了すると「雇用保険受給手続きの方の求職申込み」窓口へ向かいます。職業相談部門の職員の方と、これまで自身が経験してきたスキルや希望職種、やりたい仕事等を相談します。相談終了後、ハローワークを利用する際に必要な「ハローワークカード」を受け取り、失業給付の受給手続きが終了します。

 今回は失業給付の受給手続きについて具体的に説明しました。次回は「雇用保険説明会」や「求職活動」について解説する予定です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハローワーク150%トコトン活用術4訂版 [ 日向咲嗣 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/6/1時点)