FC2ブログ
2016 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 12

トランプ大統領誕生で日本はどうなる

kage

2016/11/10 (Thu)

 ブログ管理人のボックス星人です。

 アメリカの大統領選挙で共和党のドナルド・トランプが民主党のヒラリー・クリントンに勝利し、トランプ大統領が誕生しました。大方の予想に反してのまさかの結果に全世界が震撼しています。

 勝利宣言では一転謙虚になったものの、先行きは不透明で、まさに「未知との遭遇」ですね。日本にとっても予想外の事で、安倍総理も内心穏やかではないでしょうね。

 まず、問題となるのは日米安保体制。もともと、トランプは、在日米軍に対する日本の負担増大、あるいは日本からの在日米軍撤退の可能性なども示唆している。

 これが本当に実行されるのか、ポーズだけなのかわからないが、日本にとって対中国を念頭に置けば、防衛費の増加は避けられそうにない。

 また、経済面でも強い保護主義政策が予想されることからも、TPPは白紙化する公算が大きい。日本は日米が主導するTPPを成長戦略の柱のひとつとして交渉を推進してきただけに、トランプ政権でアメリカがTPPから離脱すれば今後の貿易政策の抜本的な見直しを迫られることになります。

 とにかく、日本の政権運営者にとっては頭の痛いことばかりだが、われわれからすれば政治経験ゼロのトランプが今後どんなことをしでかすのか興味津々だし、防衛問題や沖縄の基地問題にあまり関心がなかった日本人に精神的なインパクトを与えるのは間違いなく、平和ボケした日本にはちょうどいいかもしれませんね。






松山英樹、世界ランク6位に

kage

2016/11/03 (Thu)

 ブログ管理人のボックス星人です。

 「WGC HSBCチャンピオンズ」でアジア人として世界ゴルフ選手権シリーズ(WGC)を初制覇した松山英樹は、男子ゴルフ世界ランキングを前週の10位から4つ上げて6位となり、自己最高を更新しました。

 日本勢のこれまでの世界ランク最高位は、中嶋常幸の4位(1987年)。次いで尾崎将司の5位(96年、97年)。日本がゴルフブームに沸いた懐かしい時代だが、日本を主戦場にした中嶋・尾崎に比べ、世界で最もレベルが高いPGAに身を置く松山の世界ランク6位がいかに凄いか、想像できますね。

 松山は2013年のプロ転向後、世界ランクの順位を着実に上げてきました。恵まれた体格、正確なショットの技術、絶妙のパットと日本人では稀な世界に対抗できる超一流のプレイヤーです。

 人気的には石川遼の華やかさに劣るものの、実力的にこれだけのパフォーマンスを見せつけられては人気も今後はうなぎ昇りですね。早速、高級時計メーカーのロレックスとスポンサー契約を結ぶことがわかりました。

 左手親指付近の痛みというキャリア最悪の故障を克服し、「日本の顔」いや「世界の顔」として飛ぶ鳥を落とす勢いの松山の日本人初のメジャー取りに期待が膨らみますね。